当院のコンセプト | 兵庫県宝塚市の歯科・歯医者/予防歯科・一般歯科・審美歯科・矯正歯科・精密根管治療

山本歯科クリニック

当院のコンセプト

チーム体制であらゆるニーズに応える

院長を中心として、歯科矯正専門医・歯科技工士が一つのチーム体制で動き、
それぞれの専門性を活かしたきめ細やかなデンタルケアをご提供します。
旧来の歯科治療はそれぞれのセクション毎に動いていたため、情報の伝達と連携が不十分でした。
チーム医療では、患者様のお悩みやご要望にお応えするベストの治療が可能です。

当院の特長(理事長インタビュー)

根管治療や予防歯科に力を入れ、「歯を残す」ことにこだわる

image

--とてもシンプルで、歯科医院とは思えないオシャレな院内ですね。
山本理事長:ありがとうございます。病院らしさを極力抑え、サロン的な雰囲気にデザインしてもらいました。また、プライバシーを大切に考えて全室個室になっています。

--歯科治療においては、どんな点に力を入れておられますか。
山本理事長:「歯を残す」ことにこだわり、「根管治療」に最も力を入れています。根管治療とは、アメリカでは専門の歯科医がいるほど一般的で、しかも「歯を残す専門家」として認知されているんですよ。当院では状況によってはインプラントや入れ歯も使いますが、まずは歯を残す根管治療を最優先に考えています。
もちろん虫歯や歯槽膿漏の予防といった予防歯科にも力を入れています。こちらも歯を残すという点で、根管治療同様に重要です。歯の病気をしっかり予防できれば、根管治療すら必要ありませんからね。

矯正専門医の高い技術もワンストップで受けられる

image

--矯正治療は、山本先生が治療されないんですか。
山本理事長:はい、私は一般歯科医で矯正は専門外なんです。実は、多くの患者さんがご存じないのですが、矯正治療には矯正治療専門医がいて、高い専門性を要する技術なんです。ですから当院での矯正治療は、一般歯科医である私ではなく、矯正治療専門医が担当します。

--通常は歯科医が矯正治療専門院を紹介して、歯科医院とは別の場所に通う必要があると聞きました。
山本理事長:そうです。しかし患者さんの立場から見ると、治療も矯正も含めて歯に関するあらゆることを山本歯科クリニックがワンストップで対応する方が負担が少ないですよね。そこで、私が信頼できる矯正専門医に山本歯科クリニックまで来てもらい、矯正治療を行う体制を確立しました。
矯正治療は歯科治療と異なります。しかも矯正治療は見た目に大きく影響し、子どもの頃の矯正は一生を左右します。だからこそ私は、経験豊富な専門医の手に委ねるべきだと考えています。経験豊富な矯正専門医は多くの経験と手段を備えており、患者さんの希望や状況に合わせて最適な方法で矯正治療を行います。

信頼できる歯科技工所と連携

--自由診療での入れ歯や差し歯、インプラントで必要な人工歯は、特別な歯科技工所に依頼されているそうですね。
山本理事長:日本の高名な歯科技工士は世界でもトップレベルの技術を持っています。世界で活躍する日本人歯科技工士もたくさんおられるんですよ。そのような高名な先生が運営する歯科技工所にセラミック冠やインプラントの人工歯の作製をお願いしています。

--そうなんですか!歯科技工所って耳慣れない言葉ですよね。
山本理事長:歯科技工所では、歯科技工士が人工歯や入れ歯を作っています。しかも、すべて患者さん一人ひとりに合わせたカスタムメイド。歯科医は、人工歯や入れ歯を作ることはできません。これも矯正専門医同様、プロの職人の世界。人工歯や差し歯の精度や美しさは、歯科技工士の腕に左右されます。

--つまり『誰に頼むか』が重要なんですね。
山本理事長:そうなんです。当院では保険治療と自費治療で、歯科技工所を使い分けています。自費治療分については、高名な歯科技工所に依頼しています。所長は多くの国内外の講演会を行い、数々のメーカーの公認インストラクターでもあります。
また、歯科技工所で勉強会を行ったり、密に連絡を取り合うことで、当院の医師や衛生師と技工士の間には『顔の見える関係』が構築されています。そして、お互いに治療に必要な情報を共有し合い品質向上に役立
てています。この『顔の見える関係』こそ、素晴らしい人工歯を提供できる秘密なんですよ。もちろん保険治療分の制作を行う歯科技工所も、自信を持って提供できるレベルですのでご安心ください。

プロが集うチーム医療こそ、良質な治療を提供する秘訣

image

--山本歯科クリニックでは、「チーム医療」を掲げておられます。
山本理事長:歯科治療は、歯科医以外にも歯科衛生士、矯正専門医、歯科技工士など、多くの人が関わりながら医療を提供しています。そうした環境下で、各人が対等の立場で連携を取り合うことがチーム医療です。歯科医であり院長である私は、あくまでプレイヤーの一人なんです。

-- 「チーム医療」は患者さんにどんなメリットがあるのでしょうか。
山本理事長:チーム医療により、ベストな治療が選択される確率が向上し、治療品質やスピードがアップします。
患者さんは速く確実で良質な治療を求めておられます。その期待に応えるため、メンバーの一人ひとりがプロ意識を持って治療に取り組み、チーム一丸となって最善の医療を提供する姿勢こそ、チーム医療の大きなメリットだと思います。

--最後に、今後の展開についてお話ください。
山本理事長:お口は食べたり話したりする上で重要な役割を果たしますから、人間のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)に大きく影響すると考えています。だからこそ、これまで以上に根管治療や予防治療に力を入れていきます。不幸にも多数の歯を失った方には、インプラント治療や入れ歯治療など現在ではたくさんの治療オプションがありますので、患者様の希望に応じたご提案ができればと考えています。
また最近では審美性を重要視される患者様も多く、歯科技工士と協力して質の高い審美治療もご提供できなければなりません。
私自身は日々研鑽を続けながら、患者様の希望に寄り添い満足していただける治療ができるよう努力していきたいと考えています。