一般歯科 -虫歯治療 | 兵庫県宝塚市の歯科・歯医者/予防歯科・一般歯科・審美歯科・矯正歯科・精密根管治療

山本歯科クリニック

一般歯科 -虫歯治療-

保存修復治療

image

虫歯菌が酸を作り、その結果歯の表面が溶け 穴が空いてしまいます

虫歯とは、口の中の細菌が糖を分解して「酸」を作り、その酸によって歯が溶け穴があく病気です。
虫歯を放っておくと、激痛とともに歯の神経が死んでしまい、最後には歯を抜かなくてはならなくなります

当院のむし歯治療へのこだわり

  • 当院ではむし歯を削るよりも、予防に重点をおいています。
  • ミニマム・インターベーション(歯を削る量を最小限に抑える)コンセプトでむし歯の治療をおこないます。

根管治療

image
image

歯を長持ちさせるには、その基礎となる根管治療が重要です。

むし歯を放置しているとむし歯の菌によって歯の神経が感染したり、あるいは歯の中(根管)に細菌が繁殖して歯の根の先にウミがたまってしまうことがあります。

このような状態になると、

  • 眠れないほどの強烈なズキズキした痛みがでる
  • 食事をすると歯に響くような重い痛みを感じる
  • 歯の根の先に相当する部位の歯ぐきを指で押さえると違和感を感じる
  • 歯ぐきにニキビのような腫れができては潰れる
  • 歯ぐきや顔が大きく腫れ上がる

といった症状がでます。

このように“根管”と呼ばれる歯の根の中にある管(神経も含む)が細菌で感染した場合におこなう治療が根管治療です。
根の中にある根管をファイルと言う道具を使って綺麗に掃除をおこなう治療で、目では見えないとところを扱うため歯科医師の技術と経験が治療の成績を左右します

image

歯が食事のたびに痛み、歯ぐきが腫れているという主訴で来院されました。
レントゲンを撮影すると、歯の根の先に丸い透過像が認められウミの袋ができているのが確認されました。原因は歯の根の中の“根管”で繁殖した細菌です。 

image

根管治療が終了してしばらく経過した時のレントゲンです。根管の中はガタパーチャと呼ばれるゴム製の薬で緊密に閉鎖しています。
歯の根の先にあった透過像(ウミの袋)は消失し、病気が完治していることが確認できます。

当院の根幹治療へのこだわり

  • 根管治療の良し悪しは歯の寿命を左右します。特に唾液の中に潜む細菌に対する配慮は重要で、ラバーダム防湿など唾液が歯の根の中に混入しないような対策に力を入れています。
  • 手探りの感覚に頼るのではなく、拡大鏡下のもとで治療をおこないますので正確で確実な根管治療が可能です。
  • ニッケルチタン素材超音波機器など最新機器を駆使して治療をおこないます。

根管治療は時間がかかる?

ひとたび根管治療が始まると、何回も歯医者に通わされて、しかも毎回10分くらいで終わって何をされてるかわからない・・・と言われる患者様は多いです。
何をされているのかわからないため根管治療の重要性が患者様にはいまひとつ理解されていないような気がします。

根管治療の成功率は100%ではありません。特にひとたび歯の根の先にウミの袋ができてしまうと、それが治る確率は6割とも7割とも言われています。つまり3本に1本は治らない可能性があるということです。もちろん治療の成績には術者の知識と技術が大きく影響します。もし治らなかったらその歯は治療の限界を超えていると判断され多くの場合抜歯になります。それほど難しい根管治療ですから、ある程度治療に時間がかかるのは仕方がないことかもしれません。

image

上顎の奥歯を根管治療中です。細い根管が4本ありしかもかなり弯曲しています。前歯と比べ奥歯は複数根管が存在するため、必然的に治療に多大な時間を要します。

image

すべての根管を綺麗に消毒洗浄し薬で緊密に封鎖しました。 3回の来院が必要でした。