一般歯科 –歯周病治療 | 兵庫県宝塚市の歯科・歯医者/予防歯科・一般歯科・審美歯科・矯正歯科・精密根管治療

山本歯科クリニック

一般歯科 –歯周病治療-

歯周病治療

image

歯周病とは歯の周りに炎症が起き、歯肉や顎の骨が溶けてしまう病気です。
成人の85%の人が罹患していると言われています
原因はプラーク(歯垢)の中にいる細菌で、それらが歯の周囲に炎症を引き起こします。

当院の歯周病治療へのこだわり

歯周病を放っておくと・・・

歯周病は知らないうちに進行していき、ほおっておくと歯ぐきから膿が出たり、痛んだり、歯がぐらぐらになったりして、最後には歯が自然に抜けてなくなってしまいます

  • image

    健康な方の歯ぐきです

  • image

    中等度の歯周病の状態です。
    歯ぐきは痩せ歯と歯の間に大きな隙間が空いています。歯ブラシするといつも出血する状態です

  • image

    重度の歯周病の状態です
    歯ぐきや顎の骨はやせ衰え、多くの歯が自然に抜け落ちてしまいました。残っている歯もグラグラで食事も困難な状態です

歯周病は死にいたる病??

近年、歯周病が

  • 心臓病や動脈硬化、肺炎など全身の病気を発症させる
  • 糖尿病へのコントロールへの悪影響
  • 早産低体重児出産の原因

など、全身への影響があることがわかってきました。
これは、歯周病の原因菌が気道や血液を介して肺や全身に運ばれるためとも考えられています

歯周病の原因はプラークです

image

歯と歯ぐきの間のミゾに、プラークはたまります 

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは食べもののカスのように見えますが、実際は歯周病菌やむし歯菌をはじめとする細菌のかたまりです。プラーク1mgに1億個以上の細菌がいると言われています。

歯石とは?

歯石とは、歯についたままのプラーク(歯垢)に唾液中のカルシウムなどが沈着し石灰化したものです。歯石そのものに特に病原性はありません。しかし歯石の表面はざらざらしており、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)が非常につきやすく、歯周病菌の温床となります。すなわち歯石は細菌の住処といえるでしょう。

歯周病は歯の土台となる骨や歯ぐきを破壊します

歯周病の進行プロセスを理解するカギは“歯周ポケット”

  • image

    ①健康な歯ぐきの状態です

  • image

    ②歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじると出血します。

  • image

    ③歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出て口臭を感じる場合があります。

  • image

    ④歯周ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨と言われるところが先端部より溶けてきます。口臭もあり、歯が浮いた感じがします。強く噛むと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。

  • image

    ⑤歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがますますひどくなり、硬いものは食べられません。