一般歯科 –欠損部治療 | 兵庫県宝塚市の歯科・歯医者/予防歯科・一般歯科・審美歯科・矯正歯科・精密根管治療

山本歯科クリニック

一般歯科 –欠損部治療-

欠損部治療

歯が欠損した部位については、次の3つの治療法が選択肢として考えられます。

①ブリッジ
②入れ歯
③インプラント

患者さんのご要望を最も反映できる治療法を提案することが可能です。

ブリッジ 入れ歯 インプラント
image
image
image
特徴 固定式 着脱式 固定式
長所 噛みやすい
保険適応
適応症が広い
歯を削る量が少ない
保険適応
噛みやすい
歯を削らずに済む
長持ちする
短所 歯をたくさん削る
虫歯になりやすい
適応症が限定される
咀嚼力が劣る
違和感がある
しゃべりにくい
保険適応外
外科処置が必要

欠損部を放置した場合

歯並びへの影響

image

image

周りの歯が傾いたり伸びたりして歯並びがガタガタになります

顔の表情への影響

image

表情豊かな健康な状態です。歯は食べる為だけではなく、頬や口唇などに張りをもたせ綺麗な顔立ちを保つ役割りもはたします。

image

顔にシワが増えるなど見た目が変化します。残っている歯に負担が増え、歯を失うスピードが急増します。

ブリッジ

ブリッジとは歯の欠損部の両隣の歯を削り、連結した金属冠を被せる治療法です
簡単で早く治療が終わりますが、健康な歯を削るというデメリットもあります。ブリッジという治療法の場合は土台となる歯と歯の間が掃除しにくいため、むし歯が再発しやすいという問題がおきやすく、また、土台となる歯をむし歯になっていなくても削らくてはなりません。

ブリッジのもっとも多いトラブルは二次的な虫歯です。保険治療のブリッジの平均生存率は8年前後とも言われています。

参考例1:奥歯のブリッジ(保険治療)

image

奥歯が一本欠損しています。
ブリッジを作成するために前後の歯を削ります

image

金銀パラジウム合金で作成されたブリッジ。保険治療では奥歯は銀色の金属歯になります
作製技工所:サンエー

参考例2:前歯のブリッジ(自費治療)

image

1本の歯が欠損しています。セラミックによる審美性の高いブリッジ作成しました。

image

ブリッジを装着した状態。欠損部分も歯が生えているように自然に見えます。
作製技工所:デンタルクリエーションアート

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部位にチタンという金属でできた人工の歯根を顎の骨に埋め込みます。
その上に歯を作成して健康な歯と同じ機能を回復する治療方法です。

インプラント治療についてはコチラ→

入れ歯

入れ歯ほどその出来具合がハッキリわかるものはないかと思います。患者様にとってはすごく噛めるかぜんぜん噛めないかのどちらかであることが多く、入れ歯で苦労されている患者様も多いかと思います。当院では入れ歯を作る過程 で患者さんのご意見を尊重し、手間をかけて入れ歯を作製していきます。

部分入れ歯

多数の歯が欠損した場合に、部分入れ歯で咬み合わせを回復します。部分入れ歯は残存している歯に金具でひっかけて義歯の安定を図ります。この際、義歯の設計が悪いとひっかけた歯に無理な負担がかかり、歯がグラグラになったり差し歯が取れたりします。残っている歯をできるだけ長く保つには、義歯の設計がもっとも重要な要素になります。

しっかり咬めて、かつ残っている歯に優しい入れ歯が理想です。そのためには義歯の設計が重要です。また設計した義歯が十分に機能するためには、すべての金具が一体化された金属性の精密義歯が有効です。

  • image
  • image

プラスチック義歯(保険)と金属精密義歯(自費)との違い

プラスチック義歯(保険治療) 金属床精密義歯(自費治療)
  • ・プラスチック製のため分厚く違和感がある。しゃべりにくい
  • ・割れやすい。汚れやすい。
  • ・噛む力によってたわむため、その歪みによる力が原因で残存している歯を痛めやすい
  • ・保険治療の適応可
  • ・薄くできるため、違和感が少なく快適である
  • ・食べ物の冷たい熱いが伝わりやすく、食事が美味しい
  • ・たわまないため、残存している歯を痛めない
  • ・力学的に有利な設計デザインが可能
  • ・保険適応外

総入れ歯


プラスチックを使用して総入れ歯の治療を行うことができます。通常の入れ歯治療の場合はプラスチックで入れ歯を製作します。

総入れ歯
歯がすべて無くなってしまった場合に、総入れ歯で咬み合わせを回復します。
総入れ歯は本来あるべき28本分の歯牙の咬み合わせを回復する処置であり、じつは大変むつかしく歯科医の技量が問われる分野です。また歯をすべて失うまでの間に顎の関節や噛み合わせが大きく歪んでしまい、時間をかけたリハビリが必要なケースも多々見られます。

総入れ歯作成ステップ

①最初は診断のためのお口の型取りやお使いの義歯の調整を行います

②必要に応じて専用の型枠を作成し、精密な型取りを行います

image

③噛み合わせの記録を取り、大体の噛み合わせの位置決めをします

image

④ゴシックアーチと呼ばれる装置を使い、より厳密に噛み合わせの位置を決めます。また患者様の顎関節の状態や噛み合わせのズレなども判断し、難易度の高い症例ではリハビリ用の入れ歯を作成することもあります

⑤人工歯をあるていど並べた状態でお口の中に試適します。歯並びや噛み合わせの位置の確認を行います。

⑥ようやく義歯の完成です。義歯を完成させるときに工法上どうしてもわずかな歪みが生じます。お口の中で微調整を行い、歪みによって生じた誤差を修正したうえで装着します。

お口を大きく開けても浮き上かったりしません。 義歯が安定している証拠です

⑦日常で使用してもらい、噛んで痛い部分などがあれば微調整します。通常数回の調整が必要になります。新しい入れ歯がよりお口になじむようになります。