予防歯科 | 兵庫県宝塚市の歯科・歯医者/予防歯科・一般歯科・審美歯科・矯正歯科・精密根管治療

山本歯科クリニック

予防歯科

虫歯予防

image

むし歯を予防するには

(1) むし歯菌を減らす
(2) 歯を強くする・ 唾液の効果を高める
(3) 食生活を改善する

image

虫歯菌を減らそう!

歯を細菌から守るには、機械的に細菌を取り除くこと、すなわち歯磨きが最も効果的です。
しかし、歯ブラシや唾液の届かない場所は、みがき残しやすく、そこからむし歯になりやすいため、定期的に歯科医院でチェックをし、専門的なクリーニングをおこなうと良いでしょう。

お母さんから赤ちゃんに感染!?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど無菌の状態です。2~3歳までにお口の中の細菌の生態系は完成すると言われており、この頃までにむし歯菌に感染してしまうと生涯のコントロール大変難しいものになります。そして残念なことにそれらは主に母親のお口から伝播すると言われています。
お母さんのお口のむし歯菌が多いほど、子供への感染率が高くなります。

歯を強化しよう!

歯の強化にはフッ素が効果的です
フッ化物は歯を酸に溶けにくくしたり、溶けかけた歯をもとに戻す力を促進する力に優れ、また、細菌に対しても抗菌効果や歯を溶かす酸を産生する働きを抑えたりさまざまな効果があります。むし歯の予防にははずすことのできない重要なツールであるといえます。

唾液のすごーい働き

唾液には、消化を助けるといった作用のほか、
さまざまな働きがあり、むし歯から私たちを守ってくれています。

抗菌作用・・・虫歯菌の発育を抑制します
希釈・洗浄作用・・・食べカスや菌を洗い流します
コーティング作用・・・歯の表面に保護膜を作ります
緩衝作用・・・虫歯菌の作る酸によって酸性に偏った環境を中世に戻します
歯の再石灰化・・・溶けた歯の表面を再び硬く石灰化します
免疫作用・・・細菌に対する防御をします

よく噛んで唾液を出そう!

唾液には、さまざまな抗菌物質や歯を強くしたり歯が溶けにくい環境を作ったりする成分が含まれています。
食事の際はしっかりとよく噛んで食べるよう心がけましょう。シュガーレスガムなどを噛むなどして唾液の分泌を促進することも予防効果があります。

虫歯菌の大好物・・・砂糖の話

むし歯菌は砂糖を分解して酸を作り歯を溶かします。古くから砂糖の制限とむし歯予防との関連について語られていました。
砂糖は量よりも、どれだけ長く口の中に滞在してしまうかが重要です。砂糖は量より食べる頻度が問題です。

虫歯になりにくい食べ方

飲食する回数が多いほど脱灰時間が長くなるため、
むし歯になる可能性が高くなります。 お菓子やケーキなどは間食ではなく、
食後のデザートとして食べる方がよいでしょう
虫歯にならない甘味料・・・キシリトール
天然素材甘味料『キシリトール』は、むし歯の原因である酸を作りません!
唾液の分泌を促進するため、むし歯予防に効果的です

歯周病予防

image

歯周病の治療とは原因であるプラーク(歯垢)をとることです
このプラークは歯にまとわりついていますが、歯ブラシで軽くこするだけで用意に除去でき ます。プラークは食事のたびにたまります。たまったプラークを普段のブラッシングできっち り取る!ご自身のブラッシングでプラークがたまらないようにコントロールする!すなわちプラークコントロールが歯周治療で最も重要になります。

皆様と私達の連携プレーで、お口の健康をいつまでも保ちましょう

image

※挿絵は、砂書房『歯周病をなおそう』編集 鴨井久一 より抜粋

定期健診

●定期検診の間隔は3~6ヶ月が目安です
●磨ききれない汚れや、磨きにくいところの汚れを私たちがクリーニングします
●歯科医師や歯科衛生士がお口の清掃プログラムをおこないます。定期的なプロによるクリーニングをおこなうことにより、歯を失う確率は1/3以下になると言われています

不正咬合の予防

不正咬合とは、歯が正しく噛み合わなかったり乱れていることを指し、先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なものは生まれつきのものですので、矯正治療を受けなければなりません。対して、後天的なものは、生まれた後の悪い環境によって作られるものなので、正しい知識を持つことで予防ができます。まずは保護者の方が知識を持つことから始めてください。